医療情報

Medical Information Field

医療情報

Medical Information Field

医療分野に「使える」システムを

医療の分野で長く蓄積してきたノウハウとコンピュータシステムの構築技術力を融合し、さまざまな医療情報システムの開発を手掛けています。HL7やSS-MIX、IHE規格関連技術、そして今後の医療の新たな形となる地域医療連携ネットワークなどのソリューションへの取り組みにも力を入れています。この分野で培ったノウハウ -使う人にしっくりくる本当の意味での使えるシステム- を元に、広くWebアプリケーションシステムの開発やクラウドサービスに業容を広げています。

高度なシステムとネットワーク技術

わたしたちはDICOMやHL7等の規格、整備が進む薬事法のソフトウェアへの適用動向も踏まえ、電子カルテ、オーダリング、病院情報システム等との接続にも多くの実績を積んできました。 さらに今後の医療の新たな形となる地域医療連携 ネットワークなどのソリューションへの取り組みにも力を入れています。

地域医療分野での患者名寄せの運用例

一人の個人が複数の施設を利用する際、施設毎に個人を示す番号が発行されます。
例) 患者ID、会員ID、職員ID...

ISP製品Comlavieの利用シーンである地域医療分野での患者名寄せの運用例です。地域内の異なる施設がそれぞれ持つ個人を示す情報を集約し、同一人物に対して一意になるIDを発番します。

導入実績

受託開発

  • 医療情報システム開発
  • 診療支援システム開発
  • 地域医療連携システムの開発、導入
  • 各種規格対応 HL7, SS-MIX2,IHE ITI 等

プロダクト・サービス

  • 地域医療連携基盤システム【Comlavie】
  • 地域医療連携予約クラウドサービス【Comlavie-aL】

機械学習(教師あり学習)を用いて、糖尿病網膜症の初期に見られる点状出血を眼底写真から検出する研究を、医療機関とともに行っています。

研究内容や最新のセミナー開催予定情報は、ISPの技術情報発信サイト「技ラボ」にて公開しております。

医療情報事業へのお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る