ISP

 

ソーシャルメディアガイドライン

はじめに
インターネットや携帯端末の普及に伴ってさまざまなソーシャルメディアサービスが立ち上げられ、個人でも簡単に情報の発信や共有が可能になりました。 私たち株式会社システム計画研究所(以下、ISP)においても、製品やサービスの情報を広く知っていただくことが大切になっています。 このガイドラインは、ISPの所員及び業務委託者(以下、ISP関係者)がソーシャルメディアを活用する際の指針について定めるものです。

ソーシャルメディアとは
このガイドラインの適用対象となるソーシャルメディアとは、ブログ、ツイッターなど、インターネットや類似の情報通信基盤上で双方向会話の手段となるメディアを指します。

ソーシャルメディアへの取組方針
ISPは、ソーシャルメディアを通じて適切な情報共有によるマーケティング活動やコミュニケーション活動の促進を図ります。 お客様やステークホルダの皆様との対話を通じて、ISP及びISPの事業活動を認知いただくと共に、皆様のご意見を事業活動に反映し、より高い価値を皆様にご提供できるよう自らも成長することを目的とします。 この目的に沿ってISPは、本ガイドラインを公開します。
ISP関係者は、上記文書に定める振る舞いや基本マナーを順守し、自覚と責任を持ってソーシャルメディアを正しく活用します。

ソーシャルメディア・ガイドラインに関するお問い合わせ
ISPのソーシャルメディア利用に関するお問い合わせは、メールにてお願いします。


ソーシャルメディアの公式アカウントについて

ISPは事業活動の一環として公式アカウントでソーシャルメディアを活用します。
ただし、公式アカウントはISPの製品やサービスに関するお問い合わせへの対応を保証するものではありません。 製品やサービスに関するお問い合わせは、それぞれに設けられたお問い合わせ窓口をご利用くださいますようお願いします。

◆Twitter
@happy_plugin : 映像・画像編集ソフト用プラグイン