ソフトウェアで未来をひらく

価値あるものを創る 新しいものを生み出す わたしたちは「ひと」だからできること 技術者として担うにたる仕事をしたい

技術と英知の追究

組織として技術を高める 急速に拡大しているDeep Learning を中心としたAI分野にも積極的に取り組み事業化しています

< >

ソフトウェアで未来をひらく

価値あるものを創る 新しいものを生み出す
わたしたちは「ひと」だからできること
技術者として担うにたる仕事をしたい

技術と英知の追究

組織として技術を高める
急速に拡大しているDeep Learning を中心とした
AI分野にも積極的に取り組み事業化しています

ニュース

  • すべて
  • プレスリリース
  • お知らせ

当社では新型コロナウイルスの感染拡大防止追加対策として、テレワークによる勤務を推進いたします。
事業に影響のないよう進めてまいりますが、関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

製造業向けAI外観検査ソフトウェア「gLupe®(ジールーペ)」の新たなラインナップとして、gLupe Inspector エントリーモデルを追加しました。
1枚の画像から簡単にAI学習できる最大の特長はそのままに、搭載機能を必要最低限にすることで、お求めやすい価格での提供を実現しました。現場ですぐに使える「検査装置」としてご提供しますので、カメラを接続するだけですぐに使い始めることができます。
プレスリリース全文は以下のPDFをご参照ください。
プレスリリース(PDF:773KB)
製造業向け外観検査ソフトウェアgLupe® 製品ページ

人工知能

2022年8月29日~9月2日

オンラインで開催予定の、インテル IoT プラネットの期間限定イベント「Edge AI Week」の
セミナーに登壇いたします。日時は8/31(水)14:00~14:20で、
「実例からつまずくポイントを解説。AI システム導入までの道のり。」のタイトルで講演予定です。
イベントは事前登録制で、費用は無料です。
詳細な内容や申し込み方法については以下のサイトをご覧ください。
インテル IoT プラネット 公式サイト

人工知能

2022年7月25日

ISPと国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、野菜生産で問題となる10種の土壌病害を対象に、圃場毎の発生しやすさをAIで診断できるアプリ「HeSo+(ヘソプラス)」を開発しました。
HeSo+は2022年4月に販売を開始しており、今後これを活用した農家の土壌消毒剤の使用や防除の効率化、企業による新たな土壌診断サービスへの展開等が期待されます。
プレスリリース全文は以下のURLをご参照ください。
農研機構 圃場毎の土壌病害の発生しやすさをAIで診断できるアプリを開発

人工知能

2022年7月20日~22日

東京ビッグサイト東展示棟にて開催される
「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2022」に出展いたします。
ブースでは、ISP独自技術を用いたAIソリューションとして、以下の内容で展示予定です。
 ・小型、軽量のAIユニット「ISP edge AI」
 ・AIを用いたコンクリート・道路のひび割れ検出ソフトウェア「ひびここ」
 ・建設業向けAI画像認識システム開発
メンテナンス・レジリエンスTOKYO2022 公式サイト
出展社ページ

人工知能医療情報

製造業向けAI外観検査ソフトウェア「gLupe®(ジールーペ)」の新たなラインナップとして、gLupe Inspector エントリーモデルを追加しました。
1枚の画像から簡単にAI学習できる最大の特長はそのままに、搭載機能を必要最低限にすることで、お求めやすい価格での提供を実現しました。現場ですぐに使える「検査装置」としてご提供しますので、カメラを接続するだけですぐに使い始めることができます。
プレスリリース全文は以下のPDFをご参照ください。
プレスリリース(PDF:773KB)
製造業向け外観検査ソフトウェアgLupe® 製品ページ

人工知能

2022年7月25日

ISPと国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、野菜生産で問題となる10種の土壌病害を対象に、圃場毎の発生しやすさをAIで診断できるアプリ「HeSo+(ヘソプラス)」を開発しました。
HeSo+は2022年4月に販売を開始しており、今後これを活用した農家の土壌消毒剤の使用や防除の効率化、企業による新たな土壌診断サービスへの展開等が期待されます。
プレスリリース全文は以下のURLをご参照ください。
農研機構 圃場毎の土壌病害の発生しやすさをAIで診断できるアプリを開発

人工知能

業務で使えるAI自動モザイク編集ソフト「Smart MP (スマート エムピー)」の提供を
2022年春より開始します。
◆「Smart MP」の特徴
 ・AIが対象を自動追尾&自動モザイク処理
 ・直感的UIでモザイク位置を簡単修正
 ・業界標準の動画編集ソフトウェアEDIUSで動作
 ・AIカスタマイズにより特殊なものでも検出・追跡が可能
プレスリリース全文は以下のPDFをご参照ください。
プレスリリース(PDF:347KB)
ISP Vision Library 製品ページ

人工知能

2021年3月22日

製造業向け外観検査ソフトウェア gLupe に新機能を搭載しました。
1 枚の不良品画像から製品検査AI の構築を実現。これまで困難であった「大きな部品」「立体部品」等の検査において、大きな効果が期待できます。
プレスリリース(PDF:305KB)
gLupe製品サイト

人工知能

「スシロー」に、当社独自のエッジAIを活用した画像認識による自動会計システムをローンチいたしました。ISP初のレストラン業態へのシステム導入にて、省人化と非接触を同時に実現しています。
プレスリリース(PDF:266KB)

人工知能

当社では新型コロナウイルスの感染拡大防止追加対策として、テレワークによる勤務を推進いたします。
事業に影響のないよう進めてまいりますが、関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2022年8月29日~9月2日

オンラインで開催予定の、インテル IoT プラネットの期間限定イベント「Edge AI Week」の
セミナーに登壇いたします。日時は8/31(水)14:00~14:20で、
「実例からつまずくポイントを解説。AI システム導入までの道のり。」のタイトルで講演予定です。
イベントは事前登録制で、費用は無料です。
詳細な内容や申し込み方法については以下のサイトをご覧ください。
インテル IoT プラネット 公式サイト

人工知能

2022年7月20日~22日

東京ビッグサイト東展示棟にて開催される
「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2022」に出展いたします。
ブースでは、ISP独自技術を用いたAIソリューションとして、以下の内容で展示予定です。
 ・小型、軽量のAIユニット「ISP edge AI」
 ・AIを用いたコンクリート・道路のひび割れ検出ソフトウェア「ひびここ」
 ・建設業向けAI画像認識システム開発
メンテナンス・レジリエンスTOKYO2022 公式サイト
出展社ページ

人工知能医療情報

2022年7月17日~22日

グランドニッコー東京 台場にて開催される、「IIW2022年次大会・国際会議」での
川田工業株式会社様の講演に協力致します。
「Welding skill education using digital welding helmet with wide field visualization technology」
と題し、溶接士の視野映像を共有可能な「3Dデジタル溶接マスク」を活用した溶接技術の教育や定量化・評価法ついて講演いたします。
発表は川田工業株式会社より行われ、ISPは技術協力として連名致します。
IIW2022年次大会・国際会議

2022年7月15日

パシフィコ横浜にて開催された「画像センシング展2022」の出展レポートを公開しました。
画像センシング展2022 出展レポート(PDF:1580KB)

人工知能

ニュース一覧を見る ニュース一覧を見る

ピックアップ コンテンツ

< >
ディープラーニングセミナーで講演

2016年12月9日に、東京都中小企業振興公社にて開催されたディープラーニングセミナーにて、AI技術導入の具体的な事例や、データ生成の手法などをご紹介しました。

プロジェクトで活躍する女性たち

プログラマーというと男性のイメージが強い中、各プロジェクトで女性も大いに活躍しています。「東京カイシャ発見伝」にISPで奮闘する3人の女性が紹介されました。

クラウドでDeep Learningを試す

計算コストが高いため、通常オンプレミス環境で実施されることが多いDeep Learning。ISPはSaaSタイプのクラウドHPCであるRescaleを使ったデモを行いました。

第4コンテンツ

2016年12月9日に、東京都中小企業振興公社にて開催されたディープラーニングセミナーにて、AI技術導入の具体的な事例や、データ生成の手法などをご紹介しました。

第5コンテンツ

プログラマーというと男性のイメージが強い中、各プロジェクトで女性も大いに活躍しています。「東京カイシャ発見伝」にISPで奮闘する3人の女性が紹介されました。

第6コンテンツ

計算コストが高いため、通常オンプレミス環境で実施されることが多いDeep Learning。ISPはSaaSタイプのクラウドHPCであるRescaleを使ったデモを行いました。

ピックアップ コンテンツ

ディープラーニングセミナーで講演

2016年12月9日に、東京都中小企業振興公社にて開催されたディープラーニングセミナーにて、AI技術導入の具体的な事例や、データ生成の手法などをご紹介しました。

プロジェクトで活躍する女性たち

プログラマーというと男性のイメージが強い中、各プロジェクトで女性も大いに活躍しています。「東京カイシャ発見伝」にISPで奮闘する3人の女性が紹介されました。

クラウドでDeep Learningを試す

計算コストが高いため、通常オンプレミス環境で実施されることが多いDeep Learning。ISPはSaaSタイプのクラウドHPCであるRescaleを使ったデモを行いました。

4

プログラマーというと男性のイメージが強い中、各プロジェクトで女性も大いに活躍しています。「東京カイシャ発見伝」にISPで奮闘する3人の女性が紹介されました。

5

プログラマーというと男性のイメージが強い中、各プロジェクトで女性も大いに活躍しています。「東京カイシャ発見伝」にISPで奮闘する3人の女性が紹介されました。

6

プログラマーというと男性のイメージが強い中、各プロジェクトで女性も大いに活躍しています。「東京カイシャ発見伝」にISPで奮闘する3人の女性が紹介されました。

ISPの事業

事業一覧

ピックアップ プロダクツ

クロマキー合成ソフトウェア ROBUSKEY®

簡単な操作で高性能のクロマキー合成を行うプラグイン型ソフトです。撮影時にできた背景の影やムラもきれいに除去します。

画像処理

地域医療連携基盤 Comlavie

IHE標準技術をベースとし、複数のサービスが入り組む地域医療連携ネットワークで患者や利用者の一元管理を実現しました。

医療情報

ロボティクス × 人工知能

大学機関とのドローン制御協力、ロボティクス企業からの受託分析など、ロボティクスとAI分野の研究開発を進めています。

人工知能

衛星画像解析システム ALGOLIST™

コンポーネント拡張型の衛星画像解析システムです。GCP指定による幾何補正やパンシャープン画像作成も可能にしています。

宇宙・制御

サーバ&ネットワーク管理システム isNetSentry-S™

サーバ/ネットワークからPCの稼働監視まで。マルチベンダー環境の情報システムをわかりやすく「見える化」できます。

通信・ネットワーク

医療 × 人工知能

「糖尿病網膜症の初期眼底点状出血検出」に関する研究など、医療機関と共同で研究開発を進めています。

人工知能

プロダクト・サービスを見る プロダクト・サービスを見る

ISP ソーシャルメディア 公式アカウント

トップへ戻る